昨年の「びわ湖クラシック音楽祭」。かがり火コンサートでは湖畔を望みながら楽曲を楽しめる(撮影:沼尻竜典)

昨年スタートした「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭」が、2年目の春を迎える。4月27日と28日の2日間、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールと周辺施設で開催される。

一昨年まで同じ会場では「ラ・フォル・ジュルネ」音楽祭が行われていたが、この音楽祭は明確な違いを打ち出している。それはオペラをプログラムの中心に据えていることだ。びわ湖ホールは、国内でも有数の4面舞台を備えた大ホールがあり、舞台転換が必要なオペラ公演には最適なのだ。

この音楽祭の手応えや魅力について、びわ湖ホール芸術監督の沼尻竜典氏に話を聞いた。