埼玉県川越市は県南西部に位置し、県内ではさいたま市、川口市に次ぐ35万人の人口を擁する中核市だ。市中心でJR川越線、東武東上線、西武新宿線が交差する交通の要衝でもある。

江戸時代には新河岸川(しんがしがわ)の水運が盛んで、親藩・譜代大名が藩主を務めた川越藩の城下町として栄えた。川越藩は江戸北部を守るため戦略的に重要な藩だった。武蔵国の大藩として、代々、酒井、堀田、松平、柳沢家などの重臣が治めてきた。そのせいか別名「小江戸」ともいわれる。「小京都」と呼ばれる街は全国に数多く見られるが、「小江戸」は川越市のほか、千葉県香取市佐原、栃木県栃木市など数カ所にしか見られない。

昭和から平成にかけて、川越市は東京の池袋や新宿に通勤するサラリーマンのベッドタウン的な存在として発展してきた。

だがこの街を単なるベッドタウンとしてみると、その機能は何とも中途半端である。鉄道路線が集まる川越市中心部では、JRの川越駅、東武東上線の川越市駅、西武新宿線の本川越駅の3つの駅が微妙に離れ、つながっていないからだ。ご丁寧に駅名も全部微妙に異なっており、住民や来訪者が混乱する原因となっている。