最寄り駅は東京メトロの永田町駅。近くには国会や最高裁判所といった国の中枢機関が立ち並び、目の前にはヤフー本社などが入る高層のオフィスビルがそびえ立つ。そんな環境の真ん中に、千代田区立麹町中学校はある。

2012年に建て替えられた校舎は地上6階、地下1階建てで、最上階は屋内プール。「合同教室」と呼ばれるホールは2層吹き抜け。ちょっとした大学の講義室の趣だ。災害時の地域住民の受け入れや物資の備蓄に対応しているというが、それにしても公立校としては実にうらやましい。そんな思いを誰もが持つらしい。

「恵まれているでしょう。私も校長室が立派すぎて、いまだに落ち着かない」

合同教室の広々としたステージに立ち、校長の工藤勇一(くどう・ゆういち 59)は照れ笑いしながら、詰めかけた来校者に話しかけた。昨年の終わりごろから学校への視察依頼が急増。個別対応がしきれず、1日に数件分をまとめて「合同視察」として受け入れるようになったのだ。2月上旬のこの日も、数十人の教育関係者が熱い「工藤節」に耳を傾けた。

校長室には来客や教員がたくさん訪れるが、生徒もやって来る。「悩んでいる生徒とは一緒にランチをとりながら話を聞く」(写真:尾形文繁)

「クラス担任をなくして1学年を教師全員で見る『全員担任制』を始めた。病院の『チーム医療』みたいなものだ」

「制服をどうするか、決定権はみんな保護者にあげちゃった。2年間の話し合いを経て、来春をメドに制服が変わることになった。今は保護者も生徒もみんなこの学校の『経営』に携わっている」

日焼けした顔に短く刈り込んだ髪。細身のスーツでキビキビと動き回り、スクリーンを前にプレゼンテーションするさまは、学校長というより企業経営者か「デキる上司」の印象だ。しかし、よく誤解されるそうだが「民間人校長」ではない。社会人となって35年近く、公立校と教育委員会の現場を渡り歩き、5年前にこの学校へ着任した。校長の職は初めてだ。