個人の信用をスコアにする「芝麻信用」と、その他の社会信用システムを混同する議論が目立つ(Imaginechina/アフロ)

2014年に中国政府が「社会信用システム建設計画要綱(2014-2020)」を公表して以来、中国で急速に進むビッグデータの蓄積とその管理、およびそれらを社会秩序の構築に結び付けた「社会信用システム」の導入について関心が高まっており、日本でも関連する報道が増えてきている。

中には、中国ではジョージ・オーウェルの小説『1984』さながらの、政府がすべてを監視する社会が構築されつつあるような印象を与える記事も目立つ。しかしそれらは、「社会信用システム」の性質や目的を誤解し、それに提供主体などの面で異なるいくつかの制度を混同したミスリーディングなものだ。

3つの動きが併存

比較的よく知られているのが、IT大手であるアリババの傘下のアント・フィナンシャルが開発した「芝麻信用(セサミ・クレジット)」をはじめとする、民間企業が提供する信用スコアだろう。