「ほっぺるランド新島橋かちどき」の室内。来期以降は年7カ所以上を開設予定(撮影:吉濱篤志)

【上場日(市場)】2018年12月21日(東証マザーズ、福証Qボード)
 【設立】1999年7月5日
 【本社所在地】福岡県福岡市博多区上呉服町
 【代表者(年齢)】池内比呂子社長(60)
 【事業内容】認可保育所や企業内保育所の運営を首都圏や 九州で展開するほか、保育士派遣やベビーシッターサービ ス提供も
 【売上高】94億0300万円
 【営業利益】3億4000万円(18年12月期)
 【公開価格】1920円  
 【直近株価】3265円(4月16日)

今国会で改正子ども・子育て支援法が成立すれば、10月からスタートする「幼児教育・保育無償化」。需要のさらなる増加が見込まれるのが保育業界だ。そこに民間の保育企業として挑むのが、2018年12月に上場したテノ.ホールディングスである。

主力の保育事業では、公的保育所「ほっぺるランド」を東京中心に運営し、福岡を中心に企業内保育所も運営。さらには学童保育所の運営や保育士の派遣・紹介、保育士育成、ベビーシッター、家事代行など、子育て支援にまつわる幅広い事業を展開している。