葬儀は精神的にも肉体的にも負担が大きい。少しでも軽くするための備えはしておこう

近年、「○○葬」という言葉が増えている。特定の宗旨、宗派によらないスタイルの自由葬、家族と親しい友人・知人のみが集まる家族葬、火葬のみの直葬のほか、故人を彷彿させる曲を流す音楽葬を少しアレンジした「ロックンロール葬」や「ミュージカル葬」、自宅のリビングを模したかのような空間で行う「リビング葬」、故人との告別(対面など)に主眼を置く「ビューイング葬」などさまざまだ。

「リゾート葬」「ダイヤモンド葬」なる新語も登場した。リゾート葬は「リゾート地で行う葬儀」をイメージしてしまいそうだが、名付け親である鎌倉新書(葬儀・仏壇・墓のポータルサイトの運営会社)によると、リゾートで観光やグルメ、旅行を満喫できる場所の近くにお墓を持つことだそうだ。ダイヤモンド葬は、遺骨に含まれる炭素を特殊加工してダイヤモンドにし、それを手元に置いておくという供養方法のことだ。

もはや何が何だかわからないほど葬送方法が多様化し、十分すぎるほどの情報がインターネット上に掲載されている。そうした選択肢の多さがかえって混乱を招いているように思われる。

では葬儀で失敗しないためにはどうすればいいのか。事前に次の4つのことを行っておくと、いざというときに慌てず対処できる。

葬儀の規模を事前に想定、先へ延ばすと苦労する

1つ目は、誰に死去を知らせたらよいかをリストアップし、連絡先を把握しておくことだ。故人の友人・知人関係を把握し、葬儀の規模を想定できれば、適切な会場を選び、料理や返礼品などを無駄なく手配できる。