Ezra Feivel Vogel●1930年生まれ。67年から2000年まで米ハーバード大学教授。専門は東アジア研究。79年刊の『ジャパン・アズ・ナンバーワン』がベストセラーに。

5月から皇后になられる雅子様を、高校生のときから知っている。父親である小和田恒さんと昔から親しかったから、彼女がハーバード大学に在籍していたときも、直接の教え子ではなかったが、交流を定期的に持っていた。自宅に招いたこともあるよ。今でも彼女の若き日々を覚えている。勉強熱心で、気持ちのいい女性だった。そして責任感が非常に強かった。日本と世界との関係をよくするにはどうすればいいかを、真剣に考えていた。彼女ならば平成の次の時代、外国の人たちと上手に付き合い、もてなすことができるだろう。

これから世界は、間違いなく不確実な時代に入る。世界の秩序を担っていた米国は分裂状態になる一方、急成長する中国が存在感を高め、国際的な緊張をもたらしている。やがては、中国のほうが米国よりも強くなる可能性はある。