業者に頼む際には見積書を必ず受け取り、費用や項目など内容を細かくチェックしよう

家族が亡くなった後、遺族を待ち受けているのが遺品整理だ。最近は事業者に依頼する人も多いが、「作業時に予定外の料金を請求された」「処分しないように頼んだものを勝手に捨てられた」といった悪質なトラブルが増えており、全国の消費生活センターなどに相談が相次いでいる。

「業者を選ぶ際に金額の安さにどうしても目がいってしまう。だが内容をよく確認しないで契約してしまうと、トラブルにつながりやすい」

日本初の遺品整理会社として2002年に創業し、年間1800の案件を扱うキーパーズの吉田太一社長はそう話す。

トラブルを回避するためには、依頼する前に見積書を作成してもらうことだ。費用の目安は1部屋当たり10万〜15万円程度、2Kのマンションの場合は、総額で30万円ほどになる。片づけるモノが多くて分別に時間がかかる、原状回復をして掃除まで行う、など作業の範囲や負担が大きくなるほど、費用はかさむ。

見積書の内訳には、必ず目を通すようにしよう。「一般廃棄物処理業者へ支払う費用」、「作業員の人件費」、「家電リサイクル料金と収集運搬料金」、「清掃費用」など、作業内容やそれにかかる費用を明確にしているかによって、業者の信頼性が見えてくる。