カフェチェーンだけでなく、メーカーもオフィス需要をめぐってしのぎを削っている。

ネスレ日本は今年4月、コーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト」のラインナップにスターバックスのコーヒー抽出カプセルを加えた。スイスにあるネスレ本社が2017年、全世界におけるスタバの店舗外商品の商標権を約8000億円で取得した経緯があり、スタバとの初のコラボ商品であるカプセルを日本市場に今回投入した。

ネスレはマシン用のカプセル商品群にスタバブランドを加えた

ネスレ日本のコーヒー事業は長年、粉のインスタントコーヒーを中心とした家庭用商品を主力としてきた。10年からはオフィスにも設置できるコーヒーマシンを展開し、新たな収益源に育ててきた。