選挙で圧勝し会見する大阪維新の会代表の松井一郎氏(左)と同政調会長の吉村洋文氏(日刊現代/アフロ)

令和時代の幕開けまで24日と迫った4月7日、平成最後の統一地方選挙の第1弾が行われた。11道府県知事、6政令指定都市市長、道府県議、指定市議の選挙が実施されたが、最大の焦点は「大阪ダブル選挙」であった。

党の最重点政策である「大阪都構想」の実現を目指す大阪維新の会は、大阪の府議選と市議選に、同日選で府知事と大阪市長の選挙をぶつける作戦を実行した。

知事の松井一郎氏と市長の吉村洋文氏がそろって辞任し、入れ替わって知事選と市長選に出馬する「クロス選挙」に持ち込む。両選挙を制覇すれば、新知事、新市長とも4年の新任期を手にする。同時に府議選、市議選でも好結果が期待できる。「一石四鳥」の選挙戦略を組み立てたのだ。

結果はほぼ見込みどおりで、ダブル・クロス選挙は成功といっていいだろう。相手の自民党推薦候補に、府知事選は約100万票の大差、市長選も18万票以上の差をつけて当選を果たした。府議選では維新候補だけで過半数を獲得した。市議選は過半数には届かなかったが、維新の当選者だけであと2議席と迫る成績を収めた。

都構想実現に必要な住民投票の実施には、大阪府と大阪市の両議会での過半数の議決が条件となる。維新は選挙前、両議会とも第一党だったが、過半数は握っていなかった。公明党の協力に期待したが、公明党大阪府本部は自民党との協力態勢を優先する方針を選んだため、維新は「民意を問う」と唱えてダブル・クロス選に踏み切ったという事情があった。