(taa / PIXTA)

14歳で米マサチューセッツ工科大学(MIT)に入学し、16歳で中退。21歳でベンチャーキャピタル(VC)を設立──。そんな天才が熱を上げるのが、「不老長寿」の研究だ。

天才の名は、ローラ・デミング。老化の仕組みに着目して新薬や治療法を開発するベンチャーに投資する「ロンジェビティ(長寿)ファンド」のゼネラルパートナーだ。

大学中退後に飛び込んだのが、米決済大手ペイパル創業者のピーター・ティール氏が創設した起業家向け奨学金プログラムだ。そこでファンドの構想を練り上げた。

現在25歳のデミング氏が率いるファンドは累計約40億円を調達し、10社以上に投資。「何年も老化の仕組みに関する研究に没頭したが、実用化されなければ意味がない。この分野は研究や事業化の資金が足りていなかった」。デミング氏は本誌の取材に対し、研究ではなく、投資家としての道を選んだ理由についてそう語った。

不老長寿ベンチャーに大物起業家が積極投資

米国のベンチャー業界では今、『不老長寿』の話題で持ち切りだ。ロンジェビティファンドが投資したバイオベンチャー、ユニティバイオテクノロジーには、前出のティール氏のほか、米アマゾンのジェフ・ベゾスCEOらが個人で出資。昨年5月にはナスダック上場も果たした。

ユニティが着目したのが、加齢とともに体内に蓄積する「老化細胞」だ。老化細胞は炎症を起こす因子を分泌することがわかっており、ユニティは現在、これを周囲の正常な細胞を傷つけずに破壊する薬を開発中。ひざ関節の老化細胞を取り除く変形性関節症の治療薬が臨床試験に入っている。

なぜ今、不老長寿の研究が盛り上がっているのか。世界各国でがんや糖尿病などの加齢疾患が深刻化し、医療費が増大。背景の1つとしては、それらの原因となる老化を病気として捉え、予防的治療を行う手法に注目が集まっていることが大きい。

また老化研究に長年取り組む米セントルイス・ワシントン大学の今井眞一郎教授は、「酵母や線虫、ハエ、マウスなどを使い、この10年で老化を制御する共通の因子がわかってきた」ことを理由に挙げる。老化研究の有力な学会には今、欧米のVC関係者が押し寄せているという。今井氏は、こうした研究が薬の概念を大きく変える可能性も指摘する。「これまでの創薬は特定の病気を前提にしていた。しかし高齢者が抱える病気は1つでない場合が多い。医療費の抑制につなげるためにも、臨床試験を経た抗老化作用のある薬が薬局でも買えるような形になるべきだ」。