スペインの北朝鮮大使館。反体制、人権を振りかざしての行動でも、逆効果をもたらすことがある(AFP/アフロ)

2月22日にスペインのマドリードで起こった北朝鮮大使館襲撃事件は、一見すると北朝鮮の専横政治に向けられた武装抵抗運動のように思える。

だが、今回の事件を北朝鮮国内から湧き起こった本物の反体制運動と考えるのはどうか。そもそも事件の主犯格は、海外で育ち米国で暮らす韓国系のメキシコ人だ。

では、この事件はいったいどう解釈されるべきなのだろう。

犯行声明を出した反体制組織「自由朝鮮」(「千里馬(チョンリマ)民防衛」から改称)の行動を称賛する声が存在するのは確かだ。自由朝鮮は北朝鮮の独裁政権と闘う「自由の戦士」であるため、武装襲撃についてあれこれ騒ぎ立てるべきではない、とする見方が浮上している。

事実、自由朝鮮と一部の支持者は、在スペイン北朝鮮大使館は犯罪国家の出先機関であり、外交使節団に通常認められている法的な保護を受ける立場にはない、といった主張を展開している。