グーグル|ITの巨人が医療に照準

米国シリコンバレーのグーグル本社では今、数百人の社員が医療分野を次のビッグビジネスにしようと技術開発に取り組む。とくに有望視するのが、AI(人工知能)による病気の診断だ。

インド南部の都市マドゥライにある大手眼科病院。グーグルは今年2月、ここに糖尿病網膜症のAI検査システムを導入し、同社として初めて医療AIの臨床実験を開始した。眼底カメラで網膜の画像を撮影し、画像認識AIが10秒ほどで病気の深刻度を判定する。このスクリーニングによって、治療の必要の有無が決まる。

糖尿病網膜症は糖尿病の合併症の1つで、網膜内の毛細血管が詰まったり、出血を起こしたりする。日本でも失明要因の上位に入る病気で、早期の発見が求められる。だが診断スキルのある眼科医が足りず、インドでも深刻化していた。

グーグルは2016年に糖尿病網膜症を診断するAIのアルゴリズムを論文発表。インドと米国で集められた約13万枚の網膜画像と、微細動脈瘤や出血の様子などを基にした54人の眼科医による診断を結び付け、ディープラーニングによって診断モデルを作り上げた。また網膜の毛細血管の状態から心臓疾患のリスクを予測するAIの開発も並行して進めている。

©︎Google

グーグルは11年に研究組織「グーグルブレイン」を創設。さまざまな分野にAIを応用する研究を続けてきた。世界的な機械学習の学会では名門大学を抑え、論文発表数でトップに立つ。

14年には「アルファ碁」で知られるAI開発企業の英ディープマインドを買収。同社は以前から医療に注力してきた。さらに15年にはAIやビッグデータの医療への活用を進める子会社グーグル・ライフ・サイエンス(現ベリリー)を設立した。

画像診断で本領発揮、米国では医療機器認証も