まつもと・かずや●音声表現コンサルタント・ナレーター。1991年、NHKにアナウンサーとして入局。2016年から株式会社マツモトメソッド代表取締役。

今回は、普段会話するときに使うとよいテクニックを紹介します。それは、「自分がずっと話し続けない」ということ。

自分ばかり話さず、時には相手に話の主導権を譲り聞き役に回ることの大切さは、皆さんよくご存じだと思います。サッカーでは自分で突破できないとみたら、ボールを持ちすぎず、ほかの選手に早めにパスを回すのがよいといわれています。同じように、自分でぐいぐい聞き手を引っ張っていけるだけの話の展開が望めないのなら、「あなたはどうですか?」などと会話の主導権を渡すほうが、スムーズに進んでいきます。

実は、この「話のボールを持ちすぎない」方法は、一方的に話すことが多いプレゼンテーションなどでも使えるのです。