英国のEU離脱問題がもめにもめている。事態は刻々と変化しているが、執筆時点の状況はおおむね以下のとおりだ。

メイ首相は3月27日、EUから抜ける条件を定めた離脱協定案が議会で承認されれば辞任するという、「捨て身戦術」に出た。この退路を断つ作戦が奏功し議会の承認を得られれば、英国は5月22日にEUを離脱することになる。

しかし、同協定案は、過去3回も議会で否決されている。加えて、政府の協定案に代わる議会の離脱代替案もすべて否決されている。議会制民主主義の母国、議会政治の母国でかくも議会政治が機能しないのはなぜか。