きうち・たかひで●1987年から野村総合研究所所属。日本経済の分析、ドイツ、米国で欧米の経済分析を担当。2004年野村証券に転籍、07年経済調査部長兼チーフエコノミスト。12年7月から17年7月まで日本銀行政策委員会審議委員、この間独自の視点で提案を行う。17年7月から現職。(撮影:尾形文繁)

金融の不均衡が最も蓄積しやすく、金融市場全体の動揺をいち早く予知するための指標となるものは何か。従来は、投機的格付けのハイイールド社債(ジャンク債)がそうした指標とされていた。しかし、今では、投資適格最低ランクのBBB格社債が注目されている。背景にあるのは、社債市場で進んだ構造変化だ。

ハイイールド社債の中でもシングルB、Cなど最低水準の格付けの発行は減少する一方、信用力は低いがぎりぎり投資適格であるBBB格社債の発行が、大きく増えているのだ。企業は自社の社債が投機的格付けに落ちない範囲を慎重に計算して、借り入れを行う。投機的とされれば、借り入れコストが上昇してしまうからだ。

欧州ではとくにこうした傾向が顕著だ。ECB(欧州中央銀行)が、社債の買い入れ対象を投資適格に限定したためだ。投資適格と投機的格付けとの間で金利水準の乖離が拡大し、企業が投資適格社債を発行する動機を著しく強めたのである。