人型ロボ「ペッパー」(撮影:尾形文繁)

感情を理解し、自分の意思で動く世界初のロボット──。ソフトバンクが人型ロボット「ペッパー」を大々的に発表したのは2014年6月。そこからの約5年は、人間社会で『人型ロボット』がどんな役割を果たせるか、その答えを探す挑戦の歴史だった。

家庭向けは3年間で100万円以上という高価格がネックとなり浸透せず、主に普及してきたのは法人向け。だが法人でも、成否が分かれる。

待ち時間が短縮、使い道不明の声も