2014年バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)による「マタイ受難曲」(©Hikaru Hoshi.jpg)

イエス・キリストの復活を記念する「復活祭」の日曜日は、生誕を祝うクリスマスと並ぶ、キリスト教における最大の祝日だ。

そして復活祭の2日前は「聖金曜日」と呼ばれ、バッハの「受難曲」が世界各地で演奏される習わしとなっている。

今年は4月19日(金)が聖金曜日に当たり、東京オペラシティにおいて、鈴木雅明指揮、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)による「マタイ受難曲」が披露される(4月13日:彩の国さいたま芸術劇場、4月21日:東京オペラシティ公演もあり)。

さて、この「マタイ受難曲」とはいったいどのような作品なのだろう。「宗教曲・声楽曲」というジャンルだけに、クラシック初心者にとっては、マニアックでハードルが高い作品のように思われるかもしれない。