広告宣伝の目的は、1.気づいてもらう、2.覚えてもらう、3.好きになってもらう、4.深く知ってもらう、5.買ってもらう、という5つのステップに分けられる。

1から3は、メンタルアベイラビリティーと表現され、データによる実証に注目する新理論では、これが重視されている。フィジカルアベイラビリティーが「近くに売っているお店があり、しっかりと棚で目立っている状態」を意味することから、メンタルアベイラビリティーは「心の商品棚にしっかりと並んでいる状態」とイメージするとわかりやすい。

「深く知ってもらう」ことが難しいのは簡単に想像できるだろう。

職場の人間関係をイメージしてほしい。長いこと一緒に仕事をしている同僚でも、価値観や人生まで理解し合っているような密接な人間関係は多くはないはずだ。