小欄も知らぬ間に百回・二年を越えた。終わりに省みて、いくら歴史・学問と呼号して高論卓説のつもりでも、しょせんは書物・記録にすがった伝聞、それにもとづく机上の空論にすぎない。昨年の秋、ノンフィクション…