いちはら・ゆうじろう●1951年生まれ。74年慶応大学商学部卒業、日本酸素(当時)入社。管理本部や経営企画担当の役員を経て、2013年副社長。14年6月より現職。(撮影:尾形文繁)

欧州進出の大チャンスを何としても取りたかった

昨年12月に同業の米プラクスエアから、欧州の産業ガス事業を49億ユーロ(約6300億円)で買収した。産業ガスはお客さんのいる地域で生産して供給する、消費地立地の商売だ。しかし、これまで欧州には地盤そのものがなかった。今回の買収で日本、米国、アジア・オセアニアに欧州が加わり、世界4極体制ができた。当社の技術やノウハウを最大限に活用し、シナジー効果を出していく。

──今回の買収は、世界2位の独リンデと3位のプラクスエアの経営統合がきっかけでした。

世界大手同士の統合は極端な寡占化につながるため、米国や欧州の競争当局が2社に事業の一部譲渡を課した。それで千載一遇の買収チャンスが転がってきた。