【上場日(市場)】2018年12月18日(東証マザーズ)
 【設立】2013年10月17日
 【本社所在地】東京都新宿区西新宿3-20-2
 【代表者(年齢)】城谷直彦社長(66)
 【事業内容】人工知能(AI)を利用してビッグデータを解析 し、データ経営を目指す企業向けに、経営コンサルティング を提供する
 【売上高】10億1800万円
 【営業利益】5700万円(18年3月期)
 【公開価格】3200円  
 【直近株価】4625円(3月26日)

マイクロソフトやセールスフォース、エヌビディアなど、そうそうたるITのエクセレントカンパニーと業務提携を結んでいる。東京大学の学生団体発で有為なAI人材を輩出するスタンダード社も貴重な提携先の1つだ

異能のデータサイエンティスト集団──。とがった英才ばかりをこの会社はかき集めた。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(TDSE)。2018年12月18日に東証マザーズに上場した新興企業だ。人工知能(AI)を使ってビッグデータを分析し、企業向けの経営コンサルティングを主力とする。

一口にデータ経営といっても、どう実践するか難しい。TDSEはそれを手助けするため、機械学習などAI技術を活用、ノウハウを業種別に凝縮したのが同社の「scorobo(スコロボ)」である。一度顧客企業に導入されれば、サブスクリプションとして、毎月定額が懐に落ちる仕組みだ。