(KanawatVector / PIXTA)

人はみな物事の大きさを判断するのが苦手だ。メディアは社会的弱者や不正行為を伝え、その数字を見た私たちは「なんて大きい(小さい)んだ」と嘆息する。人間が持つ過大視本能が勘違いを生み出すと『ファクトフルネス』は力説している。

ただ、たった2つのテクニックを使うだけで、大きさや割合を勘違いしないで済むとも同書はいう。そのテクニックとは比較と割り算だ。日本人なら誰もが気になる話題を使って、それを見ていこう。

生活保護費の不正受給のニュースは繰り返し登場し、タレントの親族が関係していようものなら「炎上」間違いなしだ。もちろん、虚偽の申告で生活保護費を受給するのは問題だし、その財源は税金で賄われていることから国民が怒るのも当然だ。不正受給額は年間約170億円、件数にして約4万4000(2015年度)に上る。

比べる数字はないかを考えてみる

人は、この確かな事実を前に生活保護制度は何やらうさんくさいものだと思うようになる。「生活保護費の受給要件をもっと厳しくしろ」という声はいつの時代も国民の一部から上がっている。強硬な世論が広がれば、正当に生活保護費を受給している人たちも一段と萎縮した気持ちになるだろう。

物事の重要性を勘違いしないためには、1つの数字だけに注目してはダメだ。さも重大に思える数字に出合ったときは、比較できる数字があるかを考えよう。

図表1は生活保護費と不正受給額、生活保護の非捕捉率を表したものだ。札束1個は170億円を示す。