チタン製のカード(右)にカード番号や有効期限は印字されていない

アップルは3月25日、米カリフォルニア州の本社で動画、ゲーム、ニュースの3つのサブスクリプション(定期購読)サービスと、自社ブランドのクレジットカード「アップルカード」を発表した。

収益柱であるiPhoneの不振が決算数値となって表面化する前の2017年1月、アップルは16年のサービス部門売上高250億ドルを4年で2倍に成長させる大胆な目標を掲げている。今回の発表内容は、すべてサービス部門に関わるものであり、19年4月以降のアップルの針路を示したものといえる。

中でも注目すべきは、決済サービスだ。先行する競合他社を追い上げるべく、サブスクリプションのビジネスモデルを一気に拡充しただけでなく、独自カードによる決済サービスを提供し、ユーザーの消費行動全般を、新たな収益源に変えようとしているのだ。