(イラスト:ソリマチアキラ)

マスターズがやってくると春を感じさせる。今年は、松山英樹、小平智、今平周吾、そしてアマチュアの金谷拓実の4選手が出場する。

1934年に始まったこの大会。実は、当初はギャラリー数もなかなか少なかった。第2回大会で、ジーン・サラゼンがダブルイーグル(現在の15番ホール、パー5の第2打が入った)して優勝にこぎ着けたとき、「あのときグリーンの周りには、50名ほどのギャラリーしかいなかった」とサラゼン本人から聞かされたことがある。

今年、4日間通しのシーズンチケットが、いわゆるダフ屋値段で1万ドル前後だという。タイガー・ウッズが復活したことが高騰の大きな原因だといわれている。

34年大会で、正規の料金が5ドル。35年が5ドル50セント。10ドルになったのは、46年だった。僕が初めて取材した74年で、30ドル。100ドルになったのは、93年からである。