(Kirill_M / PIXTA)

世界的に貧富の格差拡大が問題視されている。日本ではとくに非正社員と正社員の賃金の差や世代間の資産保有の差が指摘されている。低成長時代になり、賃金が上昇しにくい、所得再分配が機能していないとの不満は、程度の差こそあれ先進国共通だ。

貧富の差を国際比較すると日本はどのあたりに位置するのか。

所得や資産の不平等さを測る指標としてジニ係数が用いられる。完全な平等が実現した状態をゼロ、1人が独占する状態を1とし、数値が高いほど不平等というものだ。

日本は所得格差大きく、資産格差は小さい

OECD(経済協力開発機構)が税や社会保障による再分配後の所得についてジニ係数を算出しているが、2015年で日本は0.339で、主要先進国中では格差の大きいほうだ。米英は日本よりも高く、ノルウェー、デンマーク、フィンランドなど北欧は数値が0.2台と低い(図表1)。