欧州を覆う3つの「暗雲」が世界経済に深刻な影響を及ぼしつつある。それらは相互に作用しながら問題を複雑化させ、視界を一層悪くしている。

1つ目の暗雲が、英国の欧州連合(EU)離脱問題だ。離脱期限が延期され、急転直下で離脱協定が承認されたとしても、不透明感は消えない。離脱後のEUとの通商関係を決める交渉はこれからで、離脱協定以上に難航が必至だ。移民などの移動の自由を制限しながらEU単一市場との自由貿易を維持しようとする英国の「いいとこ取り」を、EUは許さない。宗派対立が絡むアイルランドとの国境問題の解決策も依然見えない。

世界の企業は対応に苦慮している。英国はこれまで、EU単一市場への「ゲートウェー(玄関口)」として外国企業を積極的に誘致してきた。英国で製造される自動車の5割強がEUに輸出され、英国で行われる金融業務の約4分の1がEUの顧客に関連している。だがEU離脱で英国進出メリットは失われるおそれがあり、各企業は投資の延期や在英拠点の移転・縮小など戦略見直しを迫られている。