成城石井の店舗には、ポン酢やしょうゆだけでも多くの種類が天井近くまでズラリと並ぶ(撮影:今井康一)

これまで見てきたように、ドン・キホーテの売り場手法としては、「圧縮陳列」や「POP洪水」が有名だ。圧縮陳列は、商品を天井に届きそうなくらい高く、そして高密度に陳列する方法。POP洪水とは、手書きのPOP広告をあちこちに貼り付け、顧客の購買意欲を刺激するものだ。

あまり知られていないが、こういったドンキの独自手法に大きな影響を与えた小売店がある。首都圏を中心に160超の店舗を展開する食品スーパーマーケット、成城石井である。

成城石井は高級スーパーとして知られる。一見、ドンキとは正反対に見えるが、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)の大原孝治社長はかつて、「成城石井の店舗に足しげく通い、店づくりの参考にしていた」(PPIH幹部)という。実際に成城石井の店舗に入り、つぶさに観察すると、確かにドンキの手法と似ているものが複数見受けられた。