たなか・しゅうせい●1940年生まれ。83年、衆院初当選。93年新党さきがけ結成、代表代行。細川政権の首相特別補佐。第1次橋本内閣で経済企画庁長官など歴任。(撮影:梅谷秀司)

平成は、冷戦期に閉じ込められていたナショナリズムと経済のグローバル化という「2匹の猛獣」が、冷戦終結で野放しになった時代だった。僕は「時務」という言葉をよく使う。時の務めという意味だ。平成は、2匹の猛獣に先手を打って軌道を敷く大きな時務を担うべき時代だった。しかし、それを先送りしたことが今の混迷を招いている。中国と韓国との関係で起きたことも、欧州内で起きている緊張もそうだ。

現在の安倍晋三首相の政治は、経済面では金融緩和でリスクをかさ上げした。経済・財政危機を先送りしたとしか言いようがない。