トランプ米大統領は再選どころか1期目すら全うできない。筆者は以前、そう考えていた。だが、今は再選の可能性すら排除できないとみている。もちろん、通常の理屈からすればありえない話だ。有権者の35〜38%と推定される同氏の支持基盤では、とてもではないが数が足りない。だが、理屈など通用しないのがトランプ時代の米国である。

トランプ氏はこれまで連邦最高裁判所に2人の超保守派判事を送り込み、各種業界の規制を緩和。企業や富裕層向けに減税も進めた。支持者の多くはこれにかなり気をよくしている。実業界の大物や金持ちはトランプ氏の集会に参加したり、同氏の発言にいちいち熱狂したりしないだけの話だ。

確かに中間層や下位中間層が喜ぶような政策はまるで実現されていない。が、こうした層の支持者はいまだに「あの女を豚箱に放り込め」という掛け声に酔っている。ヒラリー・クリントン氏は2020年の大統領選挙に出馬しないと言っているにもかかわらず、だ。