ドンキが進める渋谷の大型再開発。この地に絡むビルをめぐり、地上げ屋と対立した

東京・渋谷区の道玄坂。古い商業ビルが立ち並ぶこの繁華街の一角で、大型ビルの建設が始まっている。

地上28階建て、高さ120メートル、延べ床面積4万平方メートル超を構想するこの大型ビルは、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(以下PPIH)が社運を懸けて開発するプロジェクト。店舗や事務所、ホテルなどが入居する。旧ドン・キホーテ渋谷店の跡地を中心とする敷地だ。

ドンキは小売り事業で稼ぎ、「不動産事業はあくまで付随する収益源」というスタンスを取ってはいるものの、同社の不動産ビジネスには並の不動産会社にはないすごみがある。

ドンキが旧渋谷店拡張のため、周辺の土地取得に動き始めたのは2010年ごろのこと。渋谷で再開発計画が目白押しであることをにらみ、有象無象の地上げ屋や不動産ブローカーらが、この時期には一斉にうごめき出していた。