2月27〜28日、ベトナムの首都ハノイで2回目の米朝首脳会談が行われた。米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の個人的信頼関係は十分に確立されており、首脳会談の雰囲気も良好だった。しかし、28日に予定されていた合意文書への署名が見送られた。両首脳は、同日に行われる昼食会をキャンセルした。外形的には、交渉は破綻したことになる。

筆者は外交官だった。したがって、合意文書をどのように作成するかの手順を知っている。米朝の外交当局者が文案を1項目ずつ詰めて、首脳会談で決めなくてはならない1カ所か2カ所だけは、双方の案文を併記しておく。そこで首脳間で決断してもらうという方式だ。通常、首脳会談では双方が妥協し、何らかの合意がまとまる。それが今回はできなかった。双方の発表内容が異なるので、真相を正確に把握することはできないが、米国の制裁解除と北朝鮮の非核化に関する取引がうまくいかなかったということだ。

情報が錯綜しているが、北朝鮮が流す情報を丹念に分析すると、会談の実態がよく見えてくる。会談初日の結果について、北朝鮮政府が事実上運営するウェブサイト「ネナラ」(朝鮮語で“わが国”の意味)は、28日に朝鮮中央通信を引用してこう報じた。

〈現地時間で2月27日18時30分、朝米両国最高首脳の歴史的な2回目の対面と単独歓談、夕食が行われた。/(中略)昨年、シンガポール首脳会談過程とその以降、数回にわたる親書交換をはじめとする契機を通じて親交が厚くなった朝米最高首脳たちは懐かしくあいさつし、話した。/敬愛する最高指導者は不信と誤解、敵対的な視線と古い慣行がわれわれの行く道を阻もうとしたが、われわれはそれを全て退けて克服し、再び向かい合って進んで260日ぶりにハノイまで来たし、この時間はいつよりも多くの苦悩と努力、忍耐が必要であった期間であったと述べ、今回の会談でみんなが喜ぶ立派な結果が出るだろう、最善を尽くすという意義深い言葉を述べた。/トランプ大統領は、金正恩委員長に再び会うことになって光栄に思う、うれしいと述べ、われわれは非常に立派な関係を結んでおり、今回の会談がたいへん成功裏の会談になるものと確信すると語った〉

北朝鮮は、金正恩氏とトランプ氏の間に強固な人間的信頼関係が構築されていることを強調している。これは両首脳の関係の実態を反映している。