2018年4月から半年間閉鎖されたボラカイ島のビーチ。北端に近づくほど広く美しい

先日、知人から「そんなに海外に行ってお金は大丈夫ですか」と聞かれた。大丈夫なわけはない。ただし、人が想定するほど金はかけていない。日程の短い弾丸旅行で高い比重を占めるのは航空券代だ。

通常は行き先を決めてから航空券を探すが、安い航空券を見つけたらまずは買い、後から目的を考えると安くあがる。2018年3月に5710円で購入したのが19年3月発の成田発マニラ往復の航空券だった。そこで目指したのは3度目となるボラカイ島である。

フィリピンを代表するビーチリゾート、ボラカイ島は18年4月から半年間にわたって閉鎖されていた。12年に米国の旅行雑誌、『トラベル+レジャー』で世界最高の島に選ばれたボラカイ島では、04年に年間約43万人だった観光客が17年には200万人以上へと急増した。