東京都品川区で新築戸建てが4380万円、文京区でも5780万円──。

新築マンションの価格高騰が続く中、驚くような低価格の新築戸建てが人気を集めている。販売しているのは、独立系の不動産会社、オープンハウスだ。同社は1996年創業、2001年に新築戸建ての販売に参入し、13年に上場した新興企業。「東京に、家を持とう。」のキャッチフレーズで、テレビCMやネット広告を展開。ここ数年、都内の木造戸建て住宅販売で急成長を遂げている。

オープンハウスが東京都の城北地区で販売中の物件。敷地70平方メートル弱で4800万円程度だ

土地の仕入れに強み 逆張りの戦略で急成長

都内では共働き世帯の比率が50%近くに達しており、子育てのことを考えれば通勤時間の短縮は必須。だが、新築マンションの平均販売価格は高騰し、中古マンション価格も過去最高水準にある(→前記事参照)。もちろん、土地を買って一軒家を建てる余裕はない。東京の戸建てもマンションと同様に価格の高騰と敷地の狭小化が進んでいる。このような世帯年収600万~800万円の層に目をつけたのが、オープンハウスだ。

同社は不動産仲介で創業したという経緯もあり、土地の仕入れに強みを持つ。相続を機に売り出された土地を購入して分割したり、変形地や借地権付きを仕入れたりするなど、他社が躊躇する立地でも積極的に確保している。