もっと言ってはいけない(橘 玲 著/新潮新書/800円+税/251ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

【著者プロフィル】たちばな・あきら/作家。小説『マネーロンダリング』や『タッスクヘイヴン』のほか、『朝日ぎらい』などノンフィクションや時評も手がける。『言ってはいけない 残酷すぎる真実』がベストセラーとなり、新書大賞2017受賞。

知能は遺伝する、精神疾患は遺伝する。このような話を聞くと多くの人は拒否感を抱く。こうした感情的な拒否反応とナチスが支持した優生学の歴史的な過ちが重なり、遺伝決定論は社会的タブーとされてきた。このタブーに異を唱えようものなら差別主義者のレッテルを貼られ、社会的に葬り去られることさえある。

しかし遺伝決定論を否定し、環境決定論に偏った思考をとれば、問題児扱いされる子供たちは、親の教育が悪い、愛情不足、本人の努力不足ということになる。問題行動を起こす子供の多くはADHD(注意欠陥・多動性障害)や自閉症の可能性があり、それらの遺伝率は80%以上だ。これは本人や周囲の努力だけではどうにもできない問題である。ちなみにIQ(知能指数)の遺伝率は77%、双極性障害(躁うつ病)の遺伝率は83%、身長の遺伝率は66%だ。

著者は日本の言論界でいまだに大きなウエイトを占める環境決定論に対し、最新の科学的エビデンスを基に反論、再考することを促す。