これが排気筒撤去工事ロボットを吊り下げたクレーンの全容だ。左下の人物のサイズと比べるとロボットの大きさがわかる(写真:山根一眞)

2018年夏、福島県広野工業団地内の一角に、高さ18メートルの巨大な鋼鉄製煙突が出現、巨大クレーンで吊り下げられた不思議な装置が煙突の上部にかみつくような作業が始まった。

ここは、福島第一原子力発電所(以下、イチエフ)から南に約30キロメートルの双葉郡広野町にあるエイブル(佐藤順英社長、社員数約200人)の拠点。同社は1991年にイチエフに近い双葉郡富岡町で創業、発電所のプラント建設やメンテナンス工事を担ってきたが、原発事故で本社が立ち入り禁止区域となったため、本社機能と研究拠点をここに移している。

東日本大震災被災後に寄せられた激励の寄せ書き(左、写真:山根一眞)。エイブルは電源が途絶えたイチエフの原子炉管制室への緊急電源供給作業も担った。右は佐藤順英社長。日本大学工学部電気学科卒業。特化した技術を見据えるべきだと原子力プラント中心の同社を28年前に創業(写真提供:エイブル)

進行中の作業は、イチエフの1、2号機の共用排気筒の撤去工事の模擬試験。原子炉本体の爆発を回避するため苦渋の決断として行われた1、2号機の「ベント」。高濃度放射性物質を含む高圧蒸気がその排気筒から放出され、多くの人々を苦しめてきたが、排気筒自体も汚染が予想され、その撤去は廃炉へ向けての大きな課題なのだ。その模擬試験中のエイブルを訪ね、プロジェクトを率いるエンジニア、岡井勇さん(取締役工事本部第一工事部長)に話を聞いた。

撤去工事を指揮する岡井勇さん。チームは5~6人で発足したが今は20人体制に。「徹夜続きでこの1年まともに眠っていません」(写真:山根一眞)

山根 模擬試験のために建てた排気筒、でかいですね。

岡井 模擬試験用は高さ18メートルですが、実際の排気筒は120メートル、30階建てのビルと同じ高さで、それを鉄塔が取り囲んで支える構造です。中心部の直径は3.1メートルですが、模擬試験用も同じサイズです。

山根 工事の手順は?

岡井 自社開発の工事用ロボットをクレーンで吊り下げ、頭頂部から少しずつ切断し除却します。模擬試験中のクレーンの吊り下げ能力は200トン、実際の工事では750トンのクレーンを使います。

山根 模擬試験で750トンのクレーンを使わないのはどうして?

岡井 リース料が高額なんです。750トンでは1日数百万円はしますから。それに、200トンクレーンのブーム(竿の部分)を縮めたときの能力は750トンクレーンのブームを最大に伸ばしたときの吊り上げ能力と同じなので、模擬試験が可能なんです。

山根 クレーンが吊り下げる工事用ロボットの重量は?

岡井 40~50トン。1回の作業で3メートルずつ切断しますが、その撤去時重量は約16トンになります。

山根 それ、合計で66トンの計算。なぜ750トンクレーンが必要?