カシミールの領有権をめぐってインドとパキスタンがまたもや戦争に突入するのではないかとの懸念が強まっている。印パはともに核保有国だ。

だが、今回はかつての軍事対立と違ってパキスタンが引き金を引いたわけではない。緊張をあおっているのはインドだ。

事の発端は確かにインド警察隊を狙ったテロだった。2月14日にカシミールのインド支配地域で1人の若者が自爆テロを決行し、警官40人を殺害した。翌日、パキスタンを拠点とするイスラム過激派組織「ジェイシモハメド」が犯行声明を出した。

これに対しインドのモディ政権はジェイシモハメドだけでなく、パキスタンにも報復すると誓った。