Jean Louis Bonnier/NBCユニバーサルのテーマパーク運営部門の財務責任者を長年務め、2015年11月から現職(撮影:今井康一)
2017年度の年間入場者数は1493万人と過去最高を更新、入場者数の右肩上がりの増加が続き世界のテーマパークでトップ4に入るUSJ。2019年1月からはチケット価格変動制を導入、2020年には総投資額600億円以上となる任天堂エリアが開業するなど、積極策を続けている。
日本におけるテーマパーク運営の勝算を、USJの親会社で本場アメリカのユニバーサル・スタジオ運営を手がけるNBCユニバーサル出身のJ・L・ボニエ社長に聞いた(週刊東洋経済2月23日号に掲載した関連記事はこちら)。

 

――USJの集客が好調に推移している理由をどうとらえているか。

われわれのヴィジョンは「世界のエンターテインメントのリーディングカンパニーを目指し、ゲストの期待を常に上回るワールドクラスの体験を提供する」というもの。この数年間、この理念に基づいたブランド戦略、ターゲット戦略がとてもうまくいっている。