ITサービス事業の海外展開強化に向け、大がかりなグループ内再編へ踏み切ったNTT。その陣頭指揮を執る澤田純社長に聞いた。

さわだ・じゅん●1955年生まれ。京都大学卒業後、日本電信電話公社(現NTT)入社。NTTコミュニケーションズ副社長、NTT副社長を経て、2018年6月から現職。(撮影:今井康一)

──これまでは個社がバラバラにITサービスを手がける体制でした。

持ち株会社のNTTがグローバルビジネスにコミットし始めたのはディメンション・データを買収した2010年からだが、しばらくは事業規模の拡大を優先させた。最初から統合を目指すと、統合作業に労力をそがれて、売り上げを伸ばすのがしんどくなる。結果的に海外売上高はこの7〜8年で3倍くらいになり、約2兆円まで来た。

──そうした従来の体制を見直し、今夏に3社を再編成する計画です。