2月26日、韓国の文在寅大統領は独立運動家・安重根の墓を参拝した(YONHAP NEWS/アフロ)

最近になって「反日」と「嫌韓」のぶつかり合いは、ますますエスカレートしている。慰安婦、徴用工、竹島、レーダー照射に天皇への謝罪要求──。感情的対立が日ごとに深まり、各種報道に対するインターネット上の書き込みは、断交と制裁を求める過激な声がほとんどである。

この問題を、本連載のテーマである「人間の本能」の観点から考えたい。キーワードは「価値観」、とくに「正義感」である。今、日韓双方が相手を正義に反すると非難し合っている。なぜこういう状況が起きてしまうのか、その仕組みを考察しよう。

正義感などの価値観は、本能から生じている。人間の集団にとって、自らを犠牲にして尽くす行動は必要かつ有益である。価値観は、そのためのメカニズムとして、われわれの本能の中で進化した可能性が高いとみられている。

「より高い目的」「理念」などの価値観があれば、自己犠牲を伴う判断も行いやすい。群れの幼獣を救うため、ライオンに立ち向かうバッファローは、より高尚な目的のため恐怖を乗り越えて行動していると思われる。

正義感は、自らの行動を律するだけでなく、他人を集団の価値観に従わせ、それに反する者を処罰しようとする。集団としての生き残りのため、本能がそのように進化したのである。ただし、これが機能するためには、集団内で価値観が統一されている必要がある。宗教、文化、慣習などは、いずれもそのためのメカニズムと考えられる。