「インディカー・シリーズ」は、米国で絶大な人気を誇るフォーミュラカーのレースだ。時速350キロメートル以上で疾走する楕円形のサーキットコースや市街地でレースが行われ、全17戦の総合ポイントを競う。中でも毎年5月にインディアナポリスで行われる超高速の500マイルレースは100年以上の歴史を有し、全米で数百万世帯がテレビ観戦する。

米国で社名アピール

1月中旬、米国で記者会見が開かれ、日本のNTT(日本電信電話)グループが、今年からインディカー・シリーズの冠スポンサーになることが発表された。また公式テクノロジーパートナーとして、各レース会場や参戦チームにデジタル通信技術も提供する。