かつてジョージ・ソロス氏と組んでクォンタムファンドを設立、10年間で4200%という驚異的なリターンを生んだジム・ロジャーズ氏。その著名投資家の目に現在の世界はどう映っているのだろうか。

お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する (PHP新書)
お金の流れで読む 日本と世界の未来 世界的投資家は予見する (ジム ロジャーズ 著/大野和基 訳/PHP新書/920円+税/237ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

アベノミクスで財政破綻 若者は成長する国へ行け

──本書の中で「もし私がいま10歳の日本人ならばAK-47(自動小銃。通称・カラシニコフ)を買うか、この国を去ることを選ぶ」と書いています。

「銃を買え」というのは象徴的な意味においてだよ。30年後には銃による攻撃よりもサイバー攻撃のほうが脅威になっているだろうし。私が日本人の若者なら、迷わず韓国、中国、コロンビア、ベトナムのいずれかの国に移住する。これら4カ国は今後、高成長が期待できるからだ。

アベノミクスの影響で、日本は今、深刻な状況に直面している。政府には膨大な借金があり、しかも増え続けている。一方で、少子化で人口が急速に減少する。今から30年後、10歳の子が40歳になる2049年には日本の財政は破綻しているだろう。

国が破綻に向かうときに国民は不満を覚え、暴動が起きるものだ。財政破綻により国民の怒りが爆発し、30年後の日本は犯罪大国になっているだろう。その暴動に備えて自動小銃を購入しておくか、さっさと国外に退去すべきだと私は17年11月に米国の投資情報ラジオ番組「スタンスベリー・インベスター・アワー」で発言した。その考えは今も変わらない。

解決策は子どもを産みやすくするか、移民を大量に受け入れるかのどちらかだが、人口減少に歯止めをかけるほどの数のベビーは生まれていない。移民大量受け入れのための制度改正もない。