ずいぶん以前、マルクスを読みなおす趣旨の小論を書きあげたあと、まったくの偶然ながら、中国で出たマルクスにちなむ文章、およびそれをめぐる論争について教えてもらった。その文章とは、昨年1月11日にウェブ上で公になった周新城「共産党人は自らの理論を一言で要約できる──私有制の廃滅」である(http://www.cwzg.cn/theory/201801/40545.html)。

タイトルは、言わずとしれたマルクス・エンゲルスの『共産党宣言』の一節で、そのまま論題にしたらしい。中身を読んでも、ほぼ題目どおりだった。

「公有制を打ち立てよ」

周新城は1934年生まれの著名なソ連東欧研究家、マルクス学の泰斗である。ゴリゴリのマルキストというほうがわかりやすい。「私有制を廃止し公有制を打ち立てることこそ、共産党人の使命である」と言い放ち、私有制を称賛し「赤裸々に反党反社会主義をとなえる」中国の経済学者を痛烈に批判した。そんな論文である。