この体組成計は本体ディスプレーに天気予報と気温まで表示してくれる

ヘルスケアはテック企業が今まさに力を入れている分野。この分野においてアップルが頭一つ以上抜きんでているのは、アップルウォッチのおかげもあるが、「ユーザーのデータを使った商売をしない」プライバシー保護の姿勢も大きい。

しかしそのアップルも、自社デバイスで計測できるデータには限りがある。心拍数、消費カロリー、歩数などは手首の時計で解析可能だが、健康管理に必須の体重は計測できない。