宿から滝までは、トレッキングで1時間の道のり。そこは牧畜民の生活道でもあった

「すばらしい国に知名度は関係ない」。これまでも思っていたことだが、レソトに来て、そのことを再認識した。

レソトは南アフリカ共和国に囲まれた内陸国。1966年に英国から独立したものの、通貨のロチは南アフリカの通貨ランドに連動するなど、南アフリカへの依存度が高い。

国土の標高が平均1400メートルを超える山岳国であることから「アフリカのスイス」と呼ばれることもある。だが、日本でその実情はあまり知られていない。

その小国レソトを訪れたのは2019年2月のこと。明確な理由があるわけではなく、単に「行ったことがない国だから」という動機にすぎなかった。