拉致被害者家族と面会する安倍晋三首相。金正恩氏と会う意向はあるが、その実現は難しい(毎日新聞社/アフロ)

安倍晋三首相は今、政治的な遺産づくりに動いている。国内の政治力学を見る限り、宿願の憲法改正にも手が届きそうだ。

だが、外交は問題だらけである。米中貿易戦争は日本にも影を落とし、日韓関係も急速に悪化している。北朝鮮との関係も、今後はさらに厄介な問題となるに違いない。

日本は昨今の北朝鮮外交から完全に外されてしまっている。安倍氏は拉致問題の完全解決なくして日朝の国交正常化はありえない、というスタンスをとっている。が、この方針に今後もこだわるなら、日本は非核化外交で存在感を示すチャンスを失いかねない。さりとて方針を曲げれば、今度は気まぐれな北朝鮮に翻弄される運命が待っている。まさにジレンマだ。

対話の道を開こうにも、日朝の対立は相当に根深い。日本には戦略と呼べるほどの対北朝鮮戦略はなく、駆け引きに使えるカードもほとんどない。しかも北朝鮮問題で対応を誤れば支持者離れを招き、憲法改正が頓挫するおそれがある。