アデン湾での海賊対処は10周年を迎えた。写真は浙江省舟山からアデン湾に出発する海軍艦艇(ロイター/アフロ)

インド洋の北西、西は紅海に接するアデン湾で中国海軍が海賊対処活動に参加し始めてから10年が経過した。中国では、「護航(航行護衛)」行動と呼ばれており、人民解放軍機関紙の解放軍報などが10周年を特集して海軍の活動をアピールした。

中国海軍は、2008年12月26日に初の護航を開始して以来、今年1月までに艦隊を31回派遣しており、民間海上輸送の安全に貢献していることは間違いない。しかし、中国の護航には、単なる国際貢献以上の目的もあるようだ。

中国の護航の主要な内容は「当該海域(アデン湾)を航行する中国船舶の人員の安全を守ること」および「国連世界食糧計画(WFP)など国際機関の人道支援物資を輸送する船舶の安全を守ること」であるとされる。