ふじもと・まさよし●1958年生まれ。東京大学法学部卒業。81年日商岩井(現・双日)入社。2015年常務。16年専務を経て17年6月から現職。(撮影:今井康一)

持ち分法投資には消極的 日商岩井の教訓生かす

上位の商社を意識していないわけではないが、双日には独自の進む道がある。かつては、三菱商事や三井物産など上位商社と収益力に今ほど大きな差はなかった。2000年ごろからほかの商社は資源価格の高騰とともに大きく業績を伸ばした。

彼らが原料炭や銅などの資源に多額の投資をしている間、われわれは(日商岩井とニチメンの)経営統合やリストラに取り組んでいて、出遅れてしまった。双日も17年度に純利益が568億円に到達し、18年度は700億円を見込んでいる。周回遅れだった双日もようやくスタートラインに立った。

──ほかの総合商社は数千億円の純利益を稼いでいます。双日ならではの道とは何でしょうか。