大東市は、大阪市の東部に隣接する衛星都市だ。上方落語「野崎詣り」で有名な野崎観音が市の名所で、江戸時代から参拝客でにぎわう。行政が「人間尊重の快適なまちづくり」を標榜してさまざまな活動をする中、「大東ビジネス創造センター D-Biz」の取り組みは特筆される。

加藤敏センター長は広告代理店からの転職組。中小企業の話をよく聞き、強みを見つける。「決算書を見るだけの経営相談ではなく、売り上げを伸ばすのが仕事。いわば中小企業の経営企画、広報担当です」と言い切る。ものづくり、ITなどのスタッフが応援体制を組み、アドバイスも具体的だ。

そんなD-Bizに、市内に住む女性が相談に訪れた。2017年5月のことだ。相談者は、元中学・高校の保健室の先生だった井上鈴佳さん(当時27)。レズビアンである井上さんは、LGBT(性的少数者)への理解を深めてもらいたいと学校を退職。主に教育現場でLGBTの啓蒙活動をし、当時の講演回数は50回を超えていた。

しかし、学校は講演料予算が少なく、交通費が出ないこともしばしば。このままでは赤字で活動が続けられない。何とかビジネスとして企業を対象とした講演もできないか、という相談だった。

「なぜ、D-Bizに相談されたんですか」という筆者の問いに、「私、生まれも育ちも大東市で、外に出たことがなかったので……」と笑う井上さん。その温かい笑顔を見た瞬間、講演が「まるで保健室で話を聞いているようだ」と聴衆の共感を呼び、好評である理由を悟った。

井上鈴佳さん。元保健室の先生で、現在、教育現場を中心にLGBTの啓蒙活動をしている

【会社概要とトップの横顔】 

LGBTプロジェクト > 

LGBT啓蒙セミナーの活動資金獲得のため、講師井上鈴佳さん、大東ビジネス創造センター D-Biz、皮革製造販売業のGLC Japanがチームを組んだ。

井上鈴佳さん(29)> 

教育の現場でLGBTの講演活動に従事、すでに150回を超える。自らもレズビアンであり、当事者に自己肯定感を持ってもらえるよう努めている。