ハノイとベトナム北部の高原都市サパを結ぶ寝台バス。左右2列の個室タイプも存在する

いつも思う。空港から目的地まで直接連れていってくれる交通機関があればいいなと。

何しろ勤め人は休みが短い。空港からいったん都市の中心部に出て、そこから目的地に向かうと時間のロスがばかにならないのだ。

2019年1月、成田とハノイを結ぶ路線を就航させたベトジェットエアが就航記念のセール運賃を出しているので、久しぶりのハノイ訪問を決めた。だがハノイのノイバイ空港は市内から北に25キロメートル離れており、バスで1時間近くかかる。そこで空港から直接行けるところはないか探してみた。

すると、中国との国境近くにあるベトナム北部のサパまで空港から直行バスがあるらしい。しかも14年にハノイと中国との国境の町・ラオカイまで高速道路が開通したため、サパまで空港から4時間30分から5時間で到達できるという。高速開通までは夜行列車や夜行バスで10時間ほどかかっていたので、ほぼ半分の時間で移動できることになる。空港とハノイ市内の時間のロスを考慮すればそれ以上だろう。